新製品開発のお知らせ(大結束機)

滝川工業株式会社(本社:兵庫県加古川市、社⾧:瀧川松平)は、このたび国内初となる電動大結束機を新たに開発し、客先への販売を開始しました。

大結束機は、製鉄会社の精整工程(出荷前荷造り工程)に設置し結束された複数の束を大束にまとめたり検査工程に設置し検査済みの大きな鉄鋼束を番線で自動結束する装置です。


電動大結束機では、油圧機構をサーボモータ駆動に変更したため、以下のような改善が可能となりました。


・簡単な調整・・・高度な技量が要求される油圧機器の整備、調整作業が不要となった。
 サーボモータの使用により、動作の微調整がタッチパネルの設定で行える。
・品質の向上・・・引き締め力の微調整が可能となり、製品への番線疵が軽減できる。
・動作の安定・・・油圧機構の欠点である低温時の動作不良を無くすことが出来た。
・省エネ製品・・・暖機運転が不要で電力使用を動作中のみに限定できた。
・環境に配慮・・・油漏れのリスクを無くすと共に、油交換が不要となった。
 運転時の騒音を低減化でき、作業環境の改善が出来た。


2018年末に電動小結束機を納入して以来、大型機が正式にラインアップに加わることになりました。
さらに遠隔操作機能を付加することにより、遠隔地に居ながら動作の微調整が可能となるため、海外にも積極的に販売していきます。
電動大結束機に続き、さらに結束強度がアップする2重巻き大結束機の開発もほぼ完了しています。
滝川工業は今後も客先のニーズに応え、環境に配慮した装置のラインナップを増やしてまいります。


大結束機プレスリリースダウンロード