サスティナビリティSustainability

滝川グループのSDGs(Sustainable Development Goals)への取り組み

わたしたちの生活は、日常の衣・食・住といった基本的な生活様式に加え、様々な文化的・経済的活動によって成り立っています。こうした文化・経済活動において、産業機械から産み出される製品が必要不可欠なものであることは言うまでもありません。
産業機械メーカーであるわたしたち滝川工業は、こうした製品づくりに取り組むことでお客様満足の極大化を目指しつつ、再生可能エネルギーの積極的な活用などを活かしたサステナブル(持続可能)な取り組みによる事業活動を通じてSDGsの達成に貢献していきます。
こうした取り組みの継続は責任ある企業市民の一員として果たすべき地域・社会貢献活動のひとつであると考えています。

従業員教育の充実化を
通じた社会貢献

すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう

わたしたちは従業員教育に熱心に取り組んでいきます。職業能力の向上を意図した研修・教育の受講などを通じて、豊かな社会人として成長することができる「まなび」の機会を提供します。
また、「滝川グループの行動ルール」において、あらゆる差別を否定し、平等・公正の重要性を謳っており、従業員教育にもこうした内容を盛り込むことを通じて、差別のない健全な社会の発展に貢献してまいります。
このような社内教育を展開していくことで従業員の働きがいを促進していくことは、健康面にも有益に作用すると考えています。

環境問題への取り組みを
通じた社会貢献

エネルギーをみんなに 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう 

わたしたちは再生可能エネルギーの活用に積極的に取り組んでいます。太陽光発電システムは、既に稼働中の本社第四工場に加え、隣接地を新たな発電システム拠点とすべく準備を進めており、この完成後は、本社の総発電量の約4割を再生可能エネルギーで賄うことが可能になります。また、本社内の照明機器は全てLED化されており、省電力化に配慮した仕様となっています。
上記に加えて、社用車の環境対応車両化を進めており、新規購入時にはガソリン車の構成比率を低減させる取り組みも進めています。

技術革新を通じた社会貢献

エネルギーをみんなに 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任

わたしたちは、主力製品の開発における技術革新にも積極的に取り組んでいます。
一例として、主力製品である結束機の電動化対応があります。従来、業界的にも油圧駆動が常識でしたが、環境への負担を軽減できる電動結束機を新たに開発したことで、多くのお取引様から高い評価をいただいています。